コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS Tさんのこと

<<   作成日時 : 2005/08/10 13:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 学生のときに住んでいた寮の話である。私が住んでいたのは「福島県学生寮」といって千葉県の松戸市にあった。福島出身の学生たちの寮で、県内各地から集まった100人くらいの学生が、そこからそれぞれの大学に通っていた。そこで朝夕の食事を作ってくれたのがTさんである。Tさんは当時四十半ばくらいだった。かつては名のあるホテルのシェフを務めていたというが、その後様々な店を転々とし、今ではこんな学生寮の厨房係をしている…。そのあたりのいきさつは謎に包まれていたが、何となく高倉健的な男のロマンを感じさせた。
 Tさんから教わったことは、「生きるための食への執念」とでも言おうか、とにかく「きちんと食べろ」という姿勢であった。だからTさんは学生一人一人がどのくらい食べているか気にしていた。そして皿の上に食べ残しが多いと「駄目じゃないかきちんと食べなきゃ。」と声をかけてくれた。逆に何も残さず食べた学生には満面の笑顔で「いいぞ!」と言った。ある日、刺身の「つま(大根の千切り)」を残したら、「それは、生ものの毒消しのために付けてあるんだから食べなきゃ駄目だ。」と本気で怒られた。そのことがあってからというもの、刺身が出されるとTさんを思い出し、きちんと「つま」まで食べるようになった。
                                                  17.6.16号から

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tさんのこと コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる