コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS ところてんに砂糖

<<   作成日時 : 2005/08/26 04:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 子供の頃、夏の盛りになると近所の駄菓子屋に行って「ところてん」をよく食べていた。店先に出されてたらいには冷たい水が張ってある。その中に白いところてんが泳いでいる。「ところてんちょうだい!」と言っておばさんにお金を渡すと、「はいよ」とおばさんはところてんを一つ水から引き上げてガラスの器に突いてくれる。そして、飴色の酢醤油をかけてくれる…。ところてんとはそういうものだった。
 昨日知った衝撃の事実なのだが、隣の宮城県仙台市では、たところてんに酢醤油をかけ、さらに砂糖をかけて食べるそうだ。うちの奥さん(仙台出身)が言うには、仙台の実家では砂糖をかけて食べていたのに、福島に来てみると誰もそんなことをしていないので、きっとあれはうちだけの変な食べ方だったのだと思っていたところ、最近友人から「仙台に行ったら砂糖かけて食べてて驚いた」ということを聞き、仙台の食べ方であることが初めてわかった、というのだ。以前紹介した「冷やし中華にマヨネーズ」同様、食べ方の地方ルールの一つなのだろう。そう考えると、普通だと思っている自分の食べ方も、実は地方ルール(または家庭ルール!?)なのかもしれないという危険性がある。「肉まんにソースをつける」「あんかけ焼きそばに酢をかける」「グレープフルーツに砂糖をかける」「バナナを凍らせる」等々…これらは私の中では十分普通なのだがその真相は如何に?

※ところてんの食べ方の地方ルールはここに詳しくレポートされています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ところてんに砂糖 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる