コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 廻転寿司

<<   作成日時 : 2005/08/06 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

くらべこし皿の高さも肩すぎぬ君ならずして誰と食ふべき
(口語訳 ~ 食い比べした寿司皿を積んだ高さも肩をこえてしまった。君以外の誰とこんなにたべられようか)

 かつて友人からの年賀状に添えてあった歌です。「伊勢物語」の中の有名な歌をもじったもので、おもわず笑ってしまいました。10年ほど前まで、私と彼とでよく廻転寿司に通っていました。なるべくうまい廻転寿司に入って、なるべく安く、そしてたくさん食べるのが廻転寿司の醍醐味です。少しの量でいいなら、気の利いた寿司屋に行って並握りでも食べればいいわけで、わざわざ廻転寿司に行く必要はありません。
 当時、私と彼は平均25枚ずつ食べてました。20枚まではあたりまえ、その頃になると皿の高さはちょうど肩ぐらい、あと何枚上乗せするか…。この上乗せは腹の調子でなく、財布の調子なのは言うまでもありません。
 先日、家族3人で「かっ○寿司」に行って食べてきました。3人で食べた枚数は15枚。「歳とったな」としみじみ思うのでありました。
                                                  17.5.24号から

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
廻転寿司 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる