コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 長十郎

<<   作成日時 : 2005/09/14 06:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 「長十郎」という梨がある。いや、「あった」といった方が正しいのかもしれない。以前は、スーパーに行けば当たり前のように売られていた。そんな「長十郎」だが、いつの間にか消えてしまった。
 かつて梨と言えば「長十郎」と「二十世紀」だった。色白で果肉のきめが細かい都会的な「二十世紀」に対して、赤黒く、ゴリゴリした触感の「長十郎」は、その名前からしても「古武士」の趣があった。「二十世紀」が女性的なら、「長十郎」は間違いなく男性的である。そんな「長十郎」が大好きだった。
 ところが、ここ何年か「幸水」とか「豊水」といった、かつて高級梨と言われていた品種が、ごく普通に店頭に並ぶようになった。「長十郎」は美味い、でも「幸水」はもっと美味い。美味いもののほうが売れるとわかれば、売れないほうが淘汰されていくのは当然のことである。しかし、いざなくなってみると「もう一度食べたい」と思うのも人情である。
 「長十郎」は、まだわずかに栽培されているらしい。今年の秋は、アンテナを高くして「長十郎」を探してみようと思う。(見つけたら報告します。)

※ 「長十郎」についての詳しい報告→ここ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの母が、小学生のときは100%二十世紀が給食にでていたそうです。
今は、豊水というとても甘い梨がほとんどですね…私もこの梨が好きですが。
母も長十郎を懐かしいといっています。やはり、昔に食べた味は忘れられないものなのですね。
ちび太
2005/10/03 20:27
 そうそう、給食と言えば二十世紀です。この前うちの給食で出たのも二十世紀です。ところで、今よく出回っているのは豊水と幸水ですが、この二つの違いが今ひとつわかりません…よね?
徳利屋
2005/10/03 21:57
ですね!!全然わかりませんよ〜。今度はその違いについて食べ比べてみたいですね。
ちび太
2005/10/04 19:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
長十郎 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる