コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS お月見泥棒

<<   作成日時 : 2005/09/21 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 「お月見泥棒」という言葉をご存知だろうか。最近知った言葉なのだが、十五夜の晩、子供たちが近所の家々に行って、お月見団子やお供えの果物を盗んで廻るという風習のことである。この風習は、三重県や静岡県の一部、そして福島県のいわき地方あたりで現在も残っているらしい。盗むといっても、公然とした行為なので法に触れるものではない。年に一度の月夜のイベントとして、盗む方も、盗まれる方も大いに楽しむのである。実に微笑ましい。
 実は、去る18日の十五夜に、いわき市遠野町で「満月祭り」というイベントが開催された。その中でこの「お月見泥棒」も行われたという。「満月祭り」は遠野町の商工会などが主催する町をあげての行事で、他にじゃんがら念仏踊りや横笛の演奏会などの催しもあったようだ。とすると、遠野町の「お月見泥棒」の黒幕は町の商工会ということになる…!?
 月夜の晩、近所の悪ガキたちが忍び込んできて勝手にお団子を盗んでいく…「お月見泥棒」という言葉にそういうイメージをもったのだが、実際はどうなのであろうか?泥棒とは名ばかりで、行儀よくもらって歩いているのかもしれない。そう言えば、お墓に供えてあるお菓子を盗んで食べたり、隣の家の柿をもいで食べたり、そんなことをしている子供も少なくなったんだろうなぁ。と、ついつい過去に思いを募らせる…そんな秋だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は子どものころ(2〜30年前?)にやってましたよ。
縁側や前の方においてあるだんごや饅頭などを失敬してくる、これは許されることだったようですが、だんだんとサッシの窓が増え、鍵がかかっていてあけることができず、いつの間にかやらなくなった気がします。
懐かしいな後は思うけど、今やったら犯罪になるのでしょうか。
ちなみに、私の住んでいるところは埼玉です。
mizu-t
2005/09/21 20:49
mizu-tさん、こんにちは。コメントありがとうございます。埼玉でもやってましたか。意外と全国的な風習なのかもしれませんね。確かにいまやったら犯罪かもしれませんね。そんな犯罪まがいの行為を容認していたというのは、社会がまだおおらかだったからでしょうか…。そういう雰囲気が懐かしくなりましたね。また、よろしくお願いします。
徳利屋
2005/09/22 06:51
うちのほうではいまだにきます。お月見泥棒。
昨日はすごい風雨で、さすがに来ないだろうと思っていましたが、
子どもたちはカッパを着て歩いていました。
最近のお供え物は、だんごとか芋とか栗とかではなく、
いろいろな種類の袋菓子を準備しておきます。
スーパーにもお月見泥棒用のコーナーがあるくらいです。
地域は福島県南部です。平和なんですね。

2006/10/07 19:52
姫さん、いらっしゃいませ!
形は変わっても、伝統が生き続けているわけですね。
そういう楽しみがある地域に住んでいる子供は幸せです!
徳利屋
2006/10/07 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
お月見泥棒 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる