コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS ベニテングタケの逆襲

<<   作成日時 : 2005/09/30 04:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 前々回の「毒キノコ」の中でこう書いた。

 ベニテングタケのような、いかにも毒々しいキノコに手をつける人はまずいない。 
 
 ところが、いろいろ調べてみると、世の中にはベニテングタケを好んで食べている愛好者がいるらしいのだ。このベニテングタケ、赤と白の大変美しいキノコである。童話の挿絵に出て来そうなメルヘンチックなキノコで、観賞の価値は十分だ。食べると嘔吐やな精神錯乱の症状が現れるが、死には至らないらしい。地方によっては、このキノコの毒を蠅の殺虫剤として使用しているそうだ。これは余談だが、アニメ「ちびまる子ちゃん」にも、まる子と父ひろしがベニテングタケらしきキノコ(話中ではワライタケと紹介)を食べ中毒になるという話がある。
 ではなぜこんなものを食べるのか?ベニテングタケには毒もあるが、それに負けず劣らず多量の旨味成分が含まれており、食べると非常に美味いのだという。また、毒の作用により興奮状態に陥るため、一種のドラッグとして食べる人もいるらしいのだ。この場合、ベニテングタケは法律で規制されていないため「合法ドラッグ」ということになる。怖い話だ。真相は不明だが、長野県の真田町では古くからベニテングタケを食用にしてきた習慣があるそうで、ここに行けば私たちも食べることができるという情報もある。いずれにせよ、ベニテングタケの世界は怪しい臭いがプンプンする。一つだけ注意しておこう。ベニテングタケはれっきとした毒キノコである。自分の健康を害するものをわざわざ食べるのは愚かな行為だ。好奇心もほどほどに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベニテングタケの逆襲 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる