コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 駄菓子の森 「ミニコーラ」

<<   作成日時 : 2006/05/18 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


大阪のオリオンから発売されている、コーラ味のラムネ菓子。
駄菓子の定番中の定番です。
味はいたってシンプルで、食べるとコーラ味が口一杯に広がります!
普段「コーラを飲んじゃいけません!」などとコーラ禁止令が出されている小さい子どもが、
「それでも僕は飲みたい〜!」と、けなげにもコーラ気分を味わおうとするときに、
このお菓子は打って付けです。

コーラ気分を出しているのは、ラムネの味もさることながら、
そのパッケージのデザインによるところが大きいです。
赤字に白文字の筆記体で「MiniCola」と書かれたパッケージは、
どこからどう見ても「コカコーラ」です!

ここので酷似していると、
コカコーラからクレームが来ないのかと心配になってしまいます。

まあ、それだけコカコーラのビジュアル的なイメージが、
我々に浸透しているということなのでしょう。
あらためて、コカコーラの偉大さが確認できます。

そして、その偉大なコカコーラを手玉に取るように、
「コカコーラもどき」を堂々と売っているオリオン…。
さすが大阪商人でんなぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>コカコーラからクレームが来ないのかと心配になってしまいます。

確かに、それは気になりますよね…

ちょっと話が横になりますが…以下の意見、管理人さんと思想がズレたらご迷惑かけます。削除されるかな。
日本って、なんだかんだで、料理も建造物も技術もパクり物が多いのに、「外国人から真似された!」って思うと、「あの○○人め」「日本のことわかってない奴らが」と、人一倍怒る不思議な民族です。
日本人同士のパクり合いは、「別にいいじゃん。いちいち気にしてられないっしょ〜」と冷めた目で見るのに、パクってきた相手が海外の人だと、目の色を変えて怒ります。
試食命
2006/12/07 01:20
最近のニュースで、「外国にある日本食店を認定式にする」とかなんとか言ってましたけど、日本国内にある、日本カレーの店とか、ケーキ屋とか、ラーメン屋とか、パン屋とか、みんなどうなってしまうのでしょおか?逆に海外政府から認定され返されたら、ほとんど認定されるものはないでしょう。
皆、外国のものを日本風にアレンジしている、いわゆる融合物(コラボ)なんですよね。天津丼なんて、中国にありませんし、日本で売られているショートケーキは、アメリカの元祖ショートケーキとかなり違います。あんな、ふわっふわしてません。パンもです。
外国にある日本食も同じくです。「料理に国境無し」なんですけどね。文化もですけど。この世に純血のものなんてないと私は思いますが。
試食命
2006/12/07 01:21
それと、「まなぶ」って言葉は、「まねる」が由来だと、本で読んだことがあります…。
試食命
2006/12/07 01:22
試食命さん、いらっしゃいまっせぇ〜!
確かに日本人って、外人さんが日本的なことをやることに対して評価が厳しいですよね。
それだけ、地元意識が強いものと思われます。
例えば、福島には「喜多方ラーメン」がありますが、東京なんかで「喜多方ラーメンの店」を発見したりすると、心のどこかで「偽物」(そんなはずがなくても)という思いがわき上がってきます。
でも、福島で「〜ラーメンの店」なんてのを見かけても、それはそれでOK!となってしまいます。
それと同じような気がします。
徳利屋
2006/12/08 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
駄菓子の森 「ミニコーラ」 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる