コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 銘菓探訪 「はたはたパイ」

<<   作成日時 : 2006/06/01 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


「はたはた」とは魚の名前です。
そして「はたはた」と言えば、秋田です。
というわけで、このお菓子は秋田県の木村屋さんが作っている、
知る人ぞ知る秋田銘菓です。

ところで、このお菓子を見たときにまず思ってしまうことは、

「静岡名物『うなぎパイ』に似てるなぁ…。」

ということです。
その細長い形、サックリとした食感、「魚の名前+パイ」というネーミング…。
どう考えても「うなぎパイ」を意識しているとしか思えません。

この「はたはたパイ」ですが、食べてみると意外なほど塩味がきいています。
これは秋田名物「しょっつる」の味だそうです。
ただ、パッケージや原材料には「しょっつる」と明記されていないため、
知らないで食べるとただの塩味にしか感じられません。
(ちょっとアピールが足りないぞ!)

そして、衝撃の事実が…。
「はたはたパイ」には

「はたはた」が入っていない

のです!

「うなぎパイ」には、けっして味はしないのですが「うなぎの粉」が入っています。
ですから、「うなぎパイ」を知っている人なら、
誰もが

「はたはたが入っている!」

と思うはずなのです。
しかし、実際には「はたはた」の「は」の字も入っていません。
これをどう受け止めればよいのでしょうか…。

お菓子の中身を考えたとき、
むしろ「しょっつるパイ」とか「秋田パイ」とかにしたほうが、
すんなりと納得できます。

それじゃ脳がないと思ったら、秋田のイメージで「小町パイ」でもいいです。
「秋田小町」のほうが「はたはた」よりもネームバリューがあるはずです。
でも、木村屋さんは、あえて「はたはたパイ」という名前を選択しました…

理由は、もう明白です!

(説明はいらないよね?)

遠く離れた秋田に、このようなものが存在しているということは、
それだけ静岡の「うなぎパイ」が偉大であることの証(あかし)になっています。

先日、アクアマリンの調査隊が、シーラカンスの海中での撮影に成功しました。
じゃあ今度、いわきで作ってみてはどうでしょう?

「シーラカンスパイ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
はぁ〜とため息が出るくらいがっかりしました。
酢だこさんに続いて名古屋味噌カツ
そして……はたはたパイ…
すべて名前にちなんでいるものが入っていません…
入れないんなら作るな!
と言いたいところです。
酢だこさんにはたこ、味噌カツには味噌をたっぷり
はたはたパイにもちゃんとはたはたを入れてほしいです。
入れない理由もちゃんと聞きたいですね。
(パッケージの裏にでも書けばいいと思うんですけどね〜)


バビゴン
2006/06/07 20:35
バビゴンさん、返事が遅くなってすみません。
許して下さい…!!
本物が入っていない、ということは確かにがっかりしますね。
でも、本物でないにもかかわらず、本物っぽく見せようとする努力に対しては敬服します。本物を超えた偽物とでもいうのでしょうか。これもみんな、柔軟で、悪く言えばポリシーのない日本の国民性が生み出した、日本文化の象徴なのかもしれません…。
徳利屋
2006/06/16 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
銘菓探訪 「はたはたパイ」 コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる