コンドルキャットへようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大阪名物たこ焼」のインパクト

<<   作成日時 : 2009/01/14 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像


K氏とS氏よりの大阪土産です。ありがとう!

「たこ焼き」と言えば「大阪」、「大阪」と言えば「たこ焼き」と誰もが思うほど、
たこ焼きは天下無敵の大阪名物になっています。
でも、この大阪名物は、大阪に行かずとも全国各地で普通に食べることができます。

ということは、ご当地物としての希少価値に欠けるのか…と思ったりもするのですが、それは違います。
全国どこででも食べられるからこそ、「大阪で食べるたこ焼き」がより価値のあるものになるのです。
これは「北京ダックは『バー○ヤン』でも食べられるけど、本場の北京で食べるものはやっぱり違うなぁ〜。」
と思ってしまうことと同じです。

そういう意味で、大阪土産としての「大阪名物たこ焼」は、
もらった人に「本場物だからねぇ」という期待感をそそるに十分なパワーを持っています。

さて、この「大阪名物たこ焼」ですが、本物のたこ焼きではありません。
お菓子です。
それは、パッケージに「こしあん」「カスタード」と書いてあることから明白です。
でも、「たこ焼き」と「こしあん」「カスタード」はどうも結びつきません。
世の中に「たこ焼き」をイメージしたお菓子はたくさんありますが、ほとんどは「ソース味」がベースになっています。

いったいどんなものなのだろう?
たこ焼きの形のお菓子で中にカスタードでも入っているのだろうか?
あるいは、ソースの代わりに小倉、マヨネーズの代わりにカスタードなのだろうか?
様々な想像が交錯します。
はたしてその実態は?

袋から出した瞬間に愕然とさせられます。
そうか…そうだったのか!


画像



中に入っていたのは、たこの形をした人形焼でした。
「こしあん」「カスタード」は、当然ながら中に入っているものです。
ペコちゃんの形をした焼き菓子が「ペコちゃん焼き」なら、
たこの形をした焼き菓子は「たこ焼き」でかまわないわけです…でもねぇ〜。

それにしても、このお菓子のインパクトは大きいです。
大阪商人のバイタリティーは敬服に値します!

ご馳走様でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどです
たこ焼きはただの人形焼でしたか
カスタード味のたこ焼きって絶対おいしくないですよね
たことカスタードのマッチング
ちょっと勘弁です;;

todaytaiker
2009/01/16 06:44
todaytaikerさん、いらっしゃいませ〜っ!
なかなかおいしい人形焼きです。
あんがたくさん入ってます。
たこのデザインも非常にキュートです!


徳利屋
2009/01/16 22:09
次回は僕がクラスに四国のお土産を買ってきます!!!
もちろん合格祈願のために。
tomonaga
2009/01/30 00:15
次回は僕がクラスに四国のお土産を買ってきます!!!
もちろん合格祈願のための。
tomonaga
2009/01/30 00:15
tomonagaさん、いらっしゃいませ〜!
感激の極みとはこのことです。
どこのどなたか存じませんが(!?)どうぞお気遣いなく。
その気持ちが嬉しいです!
徳利屋
2009/02/03 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大阪名物たこ焼」のインパクト コンドルキャットへようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる